薬浴・トリミングについて

当院では、高齢や病気でトリミングサロンに行けないワンちゃんを対象に治療の一環としてトリミング・シャンプーを行っています。
高齢、皮膚疾患、心臓病、腫瘍がある、首・腰・膝に痛みがあるなど治療の一環として、動物病院だからこそ安心という飼い主様も多いかと思います。一頭一頭の体調を診ながらシャンプーやカットを行い、シャンプー・トリミングの前後には獣医師が全身のチェックを行います。

シャンプー・トリミングの流れ

1.獣医師と動物看護師がワンちゃんの健康状態をチェックします

健康チェック

元気や食欲の有無、皮膚や心臓の状態、毛玉や毛のもつれが無いかなどトリミングの場合には希望のカットを伺います。

2.ブラッシングが終わったら、ぬるま湯で全身まんべんなく濡らします

シャンプー

シャンプー剤を泡立てながら指の腹でしっかり洗って大きな汚れを落とし、時間をかけてすすぎます。顔、脇、腹部、内股などはすすぎ残しのないようにチェックします。
※脂漏が多い子にはシャンプー前にクレイジングオイルを使って、脂を落としやすくします。
※トリミングの場合にはシャンプーの前にもカットをします。

クレンジングオイルシャンプー

当院はシャンプー剤もこだわっています。また、体調をみながらその子に合ったシャンプー剤や洗い方を行っております。

ヒノケアシャンプーヒノケアシャンプーボディーソープメディダームシャンプー

ヒノケアシャンプーhttps://www.bayer-pet.jp/pet/products/hinocare-k.html
安全性に自信があるため、全成分を表示しています。

敏感肌シャンプーhttps://www.e-petclinic.com/
イーペットケアのシャンプーです。
低刺激で、全成分の表示しております。

メディダームhttp://www.zenoaq.jp/product/pd200ml500ml.html
全成分は表示していませんが、安全性の高いシャンプーです。

N'sdrivehttp://www.nsdrive.com/
獣医師監修の全成分表示のシャンプーです。

※動物用のシャンプーは人間用とは違い、表示義務などが緩い傾向にあります。主成分のみの表示の場合には、他の成分が不明のため安全性に疑問が残ります。そのため、当院では安全性に疑問があるシャンプーは使いません。

3.マイクロバブル温浴を15分程度行い、毛穴の汚れを除去していきます

マイクロバブル温浴

マイクロバブルとは

マイクロバブルとは、毛穴(約20ミクロン)の中に、約3ミクロンの泡が入り込んで洗浄し、臭いや汚れが根本から無くなり、それが長時間持続する効果があるものです。粒子の細かい泡で洗浄するので、肌に優しく、頻繁な入浴も可能なので皮膚病予防と改善にとても効果を発揮します。

フケやアカが激減し、かゆみも納まります。
毛と毛の間にイオンの泡が入り込むことでゴミや汚れが落ち、毛並みや毛艶が顕著に良くなり、毛玉も出来にくくなります。
毛穴の中から洗浄し刺激することで人間と同様に、毛が強くなり抜け毛を抑制し、育毛を促進します。血行促進やイオン効果も抜群で、マッサージやアロマなどと同様の、リラクゼーション効果もタップリです。お風呂にたくさんの泡が溢れ、入っているワンちゃんもとっても気持ちよさそうにしてくれます。
当院では薬浴・トリミングともに使用させて頂きます。

※マイクロバブル後に2回目のシャンプーを行う場合もあります。

マイクロバブル ウォッシュ

4.デオシャワーと保湿を行います

デオシャワー

マイクロバブルのあとはデオシャワーで洗浄します。

デオシャワーとは
http://www.k-ust.jp/deoshower/index.html

デオシャワーとは、ペット用オゾン水生成器です。水を電気分解し、水自体に殺菌力を持たせたオゾン水を作ります。
オゾン水は、酸素が化学反応で変化した気体オゾンが溶け込んでいます。このオゾンはあらゆる物質と結合して酸化反応をおこし、除菌・脱臭作用を生み出します。反応後、自然に酵素に戻り、残留性もなく無公害で安全です。
オゾン水の持つ除菌・抗炎症効果により、感染症や外因性皮膚疾患の予防、治療に期待ができます。また、刺激がないので皮膚だけでなく目や耳や口にも安心して使用でき、飲んでもまったく安全です。

デオシャワーの後には保湿剤を使用して保湿します。

ヒノケアシャンプーデオシャワーシャンプー

5.ドライヤーでしっかり乾かします

ドライヤーでしっかり乾かします

やけどをしないよう、また乾燥しすぎないように注意しながら行います。

6.爪切り、耳掃除など

爪切り

トリミングの場合にはカット

7.終了

キレイになって終了です。
最後に獣医師が診察し、治療が必要な場合には外用剤などを塗布します。

▲ページのトップへ