コンセプト

当院の理想

動物達のケアはもちろん、飼い主様の支えとなる動物病院を目指しています。

受付・待合

おかの動物病院が考える理想の動物病院像は「解放された透明感のある動物病院」です。
飼い主様が検査や処置に同伴したり手術や入院に付き添うことで、外から何をやっているかわからない閉ざされた医療ではなく、透明化され洗練された獣医療を目指しています。動物達や飼い主様の不安を少しでも無くし、より良い暮らしになるよう、スタッフ一同、温かい病院作りに励んで参ります。どんな些細な事でも、お気軽にご相談下さい。
院長 岡野 公禎



㈱メディアート

ロゴマーク

ロゴマークは当院の理念を表しています。

ロゴ

動物を中心に、女の子(飼い主様)とスタッフが同じ目線で向き合い、太陽の光が包み込んでいます。

『動物、飼い主様、スタッフ』の三者が一体となって治療を展開し、日光が病院の奥まで届くほど透明感がある動物病院が理想と考えています。

治療や処置について

飼い主様が動物達の処置や検査に同伴することができます。

処置室

当院は、透明性の高い動物病院を理想としております。「どんな治療を受けたかわからない」という状況を好ましく思いません。
そのため、採血や超音波などの検査やその他必要な処置を飼い主様と一緒に行っています。(場合によってお預かりして行う場合もございます)。
同伴することによって、病気や治療方法の理解を深める事が出来ますし、飼い主様と病院が動物達の現状をともに認識することに役立ちます。
検査結果などはすべてお渡し致しますので、何かご質問がありましたらいつでもお問い合わせください。

また、動物の治療において、動物用医薬品だけでの治療は困難であり、薬の中には人体用や日本では未承認の海外薬を使用する場合があります。これらはすでに論文や海外の書籍で発表されているものであり、安全に安心して利用できるものと考えています。当院で使用する薬に関してご不安やご不明な点がございましたら、いつでもご相談下さい。

当院は論文投稿や学会発表を積極的に行っています。これは獣医学の発展に寄与し、獣医師の治療レベルの底上げとなります。
当院での治療成果を発表いたしますが、個人情報などの漏洩には厳重に注意しておりますのでご安心ください。

動物と飼い主様にとって無理な治療は致しません。
インフォームド・コンセントおよびインフォームド・チョイスを実践し、飼い主様の希望を第一に考え、動物・飼い主様・獣医療スタッフの三者一体で治療を行っていきましょう。

手術の見学について

当院では手術を見学することができます。

手術室

手術室に同伴することはできませんが、手術室の隣にある入院室からガラスを通して見学することができます。是非ご覧ください。

入院・面会について

診察時間内であればいつでも面会が可能です。

入院室

時間外での面会は事前にご相談下さい。

▲ページのトップへ